カテゴリー「デザインのいろいろ」の記事

フォントのアウトライン化とは

DTPやデザインにかかわる人間なら、「フォント(文字)のアウトライン化」というフレーズは、
よく耳にしたり、自分でもよく使う言葉でしょう。

わたしもよく使うのですが、
初めて「フォントのアウトライン化がされていないデータをください」といわれた際は、
!?でした。

フォントをアウトライン化するというのは、
フォントをオブジェクト(図形)に変換するということです。

どうしてそうするかというと、
フォントというのはたくさん種類があり、
自分の持っているフォントがほかの人のPCに入っているとは限らないからです。

そのフォントがPCに入っていない場合、
文字化けなどでフォントがうまく表示されなくなってしまいます。

なので、イラストレーターなどで制作したものを印刷会社やクライアントに
送る場合は必ずフォントをアウトライン化します。


私が、「フォントのアウトライン化がされていないデータをください」といわれたのは、
パンフレットのPDFから文字をコピーし、
HPの文章としてペーストしたいということでした。

イラストレーターでフォントをアウトライン化し、
PDFで保存すると、文字としてコピペできなくなります。
文字ではなく、オブジェクトとして認識されるためです。

noteイラストレーターで文字を入力した場合、
 基本はアウトライン化しましょうnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)